不眠症の原因と予防法

不眠症の原因と予防法についてご紹介してゆきます。

メニュー| これって不眠症? | ドリエルは不眠症に効く? | 快眠ルームとは | 漢方薬で不眠症を治したい | 市販薬で不眠症に効く薬 | 自分でできる不眠症対策 | 自分に合った枕とは | 寝る時はパジャマがいいの?下着はつける? | 昼寝するならどのくらい寝るのがベスト? | 病院に行っても不眠症が治らない | 抱かれ枕とは | 眠りが浅い | 夜中に何度も目が覚める |

夜中に何度も目が覚める

夜中に何度も目が覚める

せっかく気持ちよく寝ていても、なぜかすぐに目が覚めてしまう。そんな経験をした事はありませんか?夜中にトイレに行きたくなって目が覚める。そんなレベルの場合は特に問題はありません。ここで紹介するようなひどい方は、一日に5回も6回も目が覚めてしまうようです。これは「中途覚醒」といわれています。立派な睡眠障害なのです。夜中、急に目が覚めるようになり、その後なかなか寝つけない。このような事が頻繁に起こるのであれば、それは「中途覚醒」である可能性が高いです。では何が原因か?ですね。過剰なストレスや緊張、過剰な労働や運動、カフェインや唐辛子、ニンニクなどの刺激物の過剰摂取などが主です。また、近年増加している冷え性もその一つです。これらが原因で、寝ている間も中枢神経・自立神経が興奮状態のままになり、リラックスできず、何度も起きてしまうのです。アルコールは入眠作用がありますが、中途覚醒の確率が高くなります。カフェインの入った物やタバコなどニコチンが入った物も、覚醒作用がありますので、夜に摂取する事はなるべく控えた方が無難でしょう。部屋の明るさや温度も関係しているようで、自分が一番落ち着く環境を作ることも大切です。身体的、精神的な事が原因で起こっている場合も多く、そのような場合は、すぐに改善するのが難しいです。ですが、少しずつ気遣いながら生活すれば、徐々に改善はされるでしょう。